人材ビジネス業界からの情報発信
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
free
ゲーム
カスタム
technorati
RECOMMEND
1・2・3・4!!
1・2・3・4!! (JUGEMレビュー »)
ザ50回転ズ,ダニー,ドリー
レッツゴー3匹!
レッツゴー3匹! (JUGEMレビュー »)
ザ50回転ズ,ダニー,ドリー
50回転ズのビリビリ!!
50回転ズのビリビリ!! (JUGEMレビュー »)
ザ50回転ズ,ダニー,ドリー
<< グッドウィル違法残業で書類送検 | main | 派遣会社はココが良い! >>
スポンサーサイト
category: - | author: スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - |PAGE TOP↑ -
採用を手控える企業が増加中。
category: 就職 | author: dognanas
'07年の暮れに厚生労働省が発表した11月の有効求人倍率(季節調整値)は0.99倍で、4カ月連続で低下し、2年ぶりに1倍を下回った。新規求人数も11カ月連続で減少しており、特に中小企業が求人を減らした影響が大きい。原油高などの影響で経営を圧迫された企業が、採用を抑えている結果が表れたのだろうか。

そもそも有効求人倍率とは、月間の有効求人数(先月から繰り越されている求人数と新しく発生した求人数)を有効求職数(同じく先月から繰り越されている求職数と新しく発生した求職数)で割った数字である。求職者ひとりが何社の企業を選択できるかという目安となり、景気動向を理解するひとつの指数として参考とされる。バブル景気崩壊後の1992年10月から2005年11月までの長い間、1倍を下回っていたがそれ以降は1倍を超え続けていた。

報道されている数字だけを見れば、有効求人倍率は1倍を割っているが、全国平均ではなく東京・愛知・大阪の三地域に絞った有効求人倍率の平均を調べてみると、1.48倍(月刊チャージャー編集部調べ)と企業の採用意欲がなくなっているわけではないようだ。とはいえ、楽観できるような情勢でもない。

株安や円高の影響が長引けば日本経済のさらなる減速は否めない。となると、企業が求人を手控えるのは火を見るより明らかであり、就職氷河期ならぬ“転職”氷河期なんていう事態も起こりうる。手遅れになる前に、今からでも行動してみてはどうだろうか。
転職コラム・カイシャ非常口への階段より
comments(0) | - |PAGE TOP↑ -
スポンサーサイト
category: - | author: スポンサードリンク
- | - |PAGE TOP↑ -






SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
LINKS
PROFILE
OTHERS
SEARCH