人材ビジネス業界からの情報発信
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
free
ゲーム
カスタム
technorati
RECOMMEND
1・2・3・4!!
1・2・3・4!! (JUGEMレビュー »)
ザ50回転ズ,ダニー,ドリー
レッツゴー3匹!
レッツゴー3匹! (JUGEMレビュー »)
ザ50回転ズ,ダニー,ドリー
50回転ズのビリビリ!!
50回転ズのビリビリ!! (JUGEMレビュー »)
ザ50回転ズ,ダニー,ドリー
スポンサーサイト
category: - | author: スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - |PAGE TOP↑ -
船員の求人情報サイト
category: 仕事 | author: dognanas
 これまでにも様々な特化型の求人情報サイトが誕生してきましたが、

今後は海運業界専門の求人サイト、「海運求人.com」がオープンするそうです。


「海運求人.com」の運営を行うのはユーキューブという会社さんだそうで、海運業界に特化し、船員募集を中心とした求人サイトでは、民間では初めてではないかとのこと。ちなみにこの分野では、財団法人であるSECOJ(日本船員福利雇用促進センター)というところが、「船員求人ネット」というものを運営しているそうです。


海運求人.comでは、募集企業は無料版と有料版(月1万円〜)を選んで掲載する事ができるそうで、違いとしては無料版に比べて情報量が多くなるため募集効果も高いとのことでした。このサイト、まだ正式オープンはしておらず、2009年10月13日にグランドオープンするそうです。


ホワイトカラー職種をターゲットとした転職・求人情報サイトが軒並み苦しむ中、大きな収益は見込めないものの、ニッチな分野に特化してNo1サイトを狙うという動きは、まだ続いています。海運業界の募集企業がどのくらいいるものなのか?実際に利用企業が集まるのかはわかりませんが、これからもニッチな領域を狙ったサイトはご紹介していきたいと思います。

■海運求人.com

転職業界NEWS

comments(0) | - |PAGE TOP↑ -
働く女性に聞く、働きたくない場所
category: 仕事 | author: dognanas
 平日の多くの時間を過ごすことになるオフィスの立地は、「とても大切」と思っている人も多いのでは。首都圏で住んでいる女性は、どのような街で働きたいと考えているのだろうか。

 働きたいと思う街のポイントを聞いたところ、「ランチを食べるお店が充実していること」(41人)を挙げる人が最も多いことが、トレンダーズの調査で分かった。次いで「買い物に便利であること」(36人)、「街がオシャレであること」(34人)、「家から近いこと」(23人)と続いた。「多くの女性は『オフ』の時間をいかに充実させることができるかにポイントを置いているようだ」(トレンダーズ)

●働きたくないと思う街

 具体的に働きたいと思う街を聞いたところ、30.3%が「丸の内」と回答。「丸の内」を挙げた理由として「東京のキャリアウーマンみたいなので」(会計監査31歳)、「スーツを着てさっそうと歩くだけで、仕事ができる女になった気分を味わえそう」(設計開発27歳)といった声があった。「一昔前は『丸の内』で働く女性というとOLのイメージが強かったが、近ごろはキャリア志向の女性というイメージを抱く人も増えつつあるようだ」(トレンダーズ)

 このほか「銀座」(13.8%)、「六本木」(10.3%)を挙げる人も多く、「街がオシャレだから」や「会社帰りに遊びに行きやすいから」などの理由が目立った。

 逆に働きたくない街はどこなのだろうか。働きたくないと思う街を聞いたところ、「新宿」が最も多く18.0%。以下「渋谷」(15.3%)、「池袋」(9.6%)と続いた。新宿で働きたくない理由として、「人がゴミゴミしているから」「街が汚いイメージがある」「治安が悪そう」などの意見が多かった。

 インターネットを使った調査で、首都圏在住の20代〜30代の女性261人が回答した。調査日は5月7日。

MSN ニュース

comments(0) | - |PAGE TOP↑ -
ワインを飲んで月100万円「世界最高の仕事」
category: 仕事 | author: dognanas

先日、オーストラリアにあるハミルトン島に半年間暮らして、
報酬が1000万円という仕事が話題になりましたが、次はワインのようです。


今回新たに話題になっているのは、アメリカのワイナリーで
ワインを飲んでブログやTwitterを書けば、月100万円の報酬が
もらえるというものです。


こちらの仕事は半年間、ワイナリーに住み込みをしながら、
様々な種類のワインを飲み、ワインの知識を深め、ワインをアピール
するというもののようです。


応募要件としては、高いコミュニケーション能力と想像力、探求心、
ワインへの情熱を持ち、米国で働く資格を持った21歳以上の人物。
もちろん英語を話す能力と書く能力が必要ということだそうです。


この仕事は半年間であり月あたり100万円の報酬だそうです。
しかし応募はなかなか面倒で、公式サイトから60秒のPRビデオを
投稿する必要があるそうです。


ワイナリーは、世間で話題になる、PR効果、経済効果を
期待したいところだと思いますが、今回も同様に応募が殺到するかどうか、
面白いですね。


住み込みの仕事であるという点と、期間限定、
そして正社員の求人でないのが、少し残念ですね。
さすがに難しいとは思いますが。


■ワインを飲んでTwitterを書けば100万円

【転職業界ニュース】




comments(0) | - |PAGE TOP↑ -
【いすゞ】課長級以上の管理職の給与、来春にもカット
category: 仕事 | author: dognanas
いすゞ自動車は、課長級以上の管理職の給与を来年4月にも数%程度カットする調整に入った。トラック販売の不振が長引いているためで、役員報酬も年明け以降、2〜3割前後削減する方向。

 同社は11月、業績悪化を踏まえ非正規従業員(期間従業員と派遣社員)約1400人を年末までに解雇する方針を決定。しかし社内外の反発が強まったことから今月24日、期間従業員約550人については契約期間に限って雇用し続ける方針に切り替えた。しかし、人件費削減は避けられないとして、管理職の給与カットなどに踏み切ることにした。

自動車業界では、トヨタ自動車も管理職の今冬の賞与を平均1割削減している。

毎日新聞 

comments(0) | - |PAGE TOP↑ -
社員の再入社に向けた取り組み
category: 仕事 | author: dognanas
三菱重工などでは、結婚、出産、育児などを理由に退職した
社員が再入社を実現できるよう「キャリアリターン制度」などを設けているらしい。

三菱重工の取り組みは、
優秀な社員の採用、復帰支援の施策と言えそうです。

結婚、出産などを理由に同社を退職する社員は、
年間で40人程度だそうで、このような社員を対象に
将来の再入社を支援するキャリアリターン制度を新設しています。

また育児休業を取得する社員を想定して、
月額5000円の保育所費用の負担も行う事で、
復帰を円滑にするという取り組みも同時に設けています。

ここ1年、大手企業、製造業などを中心に
このような再雇用、再入社に向けた取り組み事例は増えてきています。

また優秀な女性社員を積極的に管理職に登用する
という内容を具体的な制度として設けた企業も増えています。

どの業界も人材確保にあの手この手なようです。


転職業界ニュースより
comments(0) | - |PAGE TOP↑ -
ネットカフェ難民と言われる人達
category: 仕事 | author: dognanas
ここ2〜3年前からネットカフェ難民が問題視されています。
昨日などもニュースなどで報道されていたし、書店でもこの様な
内容の書籍が出ていました。街中で見かける「ホームレス」の方
と紙一重に感じますが、ただし、ネットカフェ難民と言われる方
々は、今の状況を打開しきちんとした生活を望んでいるわけで、
将来の希望を必死で掴んでいる様に感じます。
格差社会と言われていますが、この日本で「難民」と言われる方
々が存在している事が生活をしている上でリアルに感じられません。
先日、「ネットカフェ難民と貧困ニッポン!」と言う本を買い読ん
でいますが、本当に若い方々から年輩の方まで、凄まじい生活をし
ています。
日雇派遣で働き6,000〜8,000円の賃金を貰いコンビニでおにぎりやマック
でハンバーガーなどを買い、ネットカフェのナイトパックで一夜を過ごす。
リクライニングシートで足も伸ばせなく、身体を曲げて寝る・・・。
下着はコインランドリーで洗濯をしている様ですが、コインラン
ドリーのコストを考えると新しい物を買った方が安いなど悪循環。
日雇派遣の仕事も毎日あるわけではなく、確実に数日後の生活に
も困る・・・。食事もまともに取らずにネットカフェでまともに
寝れず、身体を壊す。
少しずつ貯めたお金も薬や病院などで消えてしまうと言う生活を
送っている様です。
ここまでなる前に親がいるのでは?って思いますが、親から虐待を
受けていて家を飛び出した方や、天涯孤独の方、普通に生活をして
いたけど病気になり仕事を失った方など様々なようです。
政府もこのような問題について日雇派遣への対策を考えたり、NPO
法人の「もやい」が自立生活サポートセンターという事を行うなど
いろいろなところで支援をしているようですが、なかなか良い解決
策には至ってないのが現状のようです。
私も派遣会社(一般労働派遣、主に事務系)で人材コンサルタント
をしていますが何かしらできないかと考えています。今、問題にな
っている某派遣会社数社や、いろいろな貧困層をターゲットにした
ビジネス「貧困ビジネス」が絡み合い、なかなか抜け出せない状況
に至っているので、本当の支援が難しく感じています。
今すぐに解決策を出す事はできませんが、少しでもこの様な方々の
役にたてればと思っています。






comments(0) | trackbacks(0) |PAGE TOP↑ -
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
LINKS
PROFILE
OTHERS
SEARCH